ホーム > 富士通エフサス FUJITSU Software TIME CREATOR

テレワーク環境での労務管理業務を支援します!

FUJITSU Software TIME CREATOR | 富士通エフサス

  • 月額
  • 年額
  • その他
  • 従量

FUJITSU Software TIME CREATOR | 富士通エフサス

サービス料金

初月無償
※1 50ID(最小契約数)~4,000ID(最大契約数)となります。
※2 働き方可視化オプションはIDリンクマネージャー SaaSと同数分のライセンス契約が必要です。
※3 2021年3月末までの期間限定価格になります。

FUJITSU Software TIME CREATOR IDリンクマネージャー SaaS
月額5,000円/10ID ※1 ※3
働き方可視化オプション
月額3,500円/10ID※2
パソコンの操作ログやシャットダウン機能を利用し、
業務内容の見える化や時間外労働の
マネジメント強化を支援します。
  • ポイント1

    PC強制シャットダウンで時間内に終わる仕事のやり方へ

    残業申請・承認を必須とし、未承認の残業は強制シャットダウンによる抑止も可能。従業員の時間意識を変え、残業の削減にもつながります。

  • ポイント2

    パソコンの利用時間を記録し、勤務実態との乖離を把握

    勤怠情報とパソコン使用記録(ログオン・オフ)との乖離を明らかにし、隠れ残業を把握。残業代不払いリスクを解消し、労働時間の適正な把握につながります。

  • ポイント3

    従業員の業務内容を把握し、生産性を上げる

    パソコンの操作情報・操作時間を見える化し、業務の進め方を見直せるため業務改善も実現可能。※オプション機能

勤務時間外になると、PC画面の8割を占める警告画面が表示


業務終了時刻になると警告画面を表示し、パソコンの利用を制限します。強制的にパソコンをシャットダウンすることも可能です。

 

残業するには管理職への申請と承認が必要なため、コミュニケーションが活性化


業務を続けたい場合は管理職への申請と承認が必要なため、残業申請のたびに2人で話し合い、無理のない仕事の進め方を相談することができます。

 

テレワークを含め、従業員がいつどんな業務をしているか一目瞭然


就業時間におけるパソコン使用状況をグラフ化することで、従業員がいつどんな業務をしていたかが分かります。
※働き方可視化は、オプション機能です。

 

その他特長


  • 一人複数台のPC利用に対応
  • マルチモニター対応
  • 特定日(イベント・個別休日)対応
  • 勤務間インターバル制度への対応

FUJITSU Software TIME CREATOR (概要篇)

富士通エフサス FUJITSU Software TIME CREATOR についてのお問い合わせは下記より

お問い合わせ

iKAZUCHI(雷)

ご登録済みの方はこちら

  • 韋駄天iKAZUCHI(雷)ページへ
  • 動画で解る!iKAZUCHI(雷)サービス
  • Webinar・セミナー案内
  • iKAZUCHI Payment Collection(代金回収代行)
  • Microsoft Teamsで実現する理想のテレワーク!
  • 新型コロナウイルス感染症対策特設サイト