ホーム > アークサーブUDP クラウドハイブリッド

Arcserve UDPと一緒に運用する

災害対策向けクラウド登場!

アークサーブUDP クラウドハイブリッド|アークサーブ ジャパン

  • 月額
  • 年額
  • その他
  • 従量

アークサーブUDP クラウドハイブリッド|アークサーブ ジャパン

サービス料金

初月無償 (構築にかかる日数が差し引かれます)
容量単位(インスタンス構築についてヒアリングあり)

Arcserve UDP Cloud Hybrid
年額192,000円~
従量オプション有
バックアップに必要な機能もストレージもまとめてご提供、
災害対策がより身近に。
  • ポイント1

    災害に備えた
    遠隔バックアップ

    サイト障害に備え、日本国内の東西2つのリージョンを選択可能。

  • ポイント2

    ストレージ容量内で
    使い放題

    TB単位のストレージ年額料金なのでコスト算出が容易

  • ポイント3

    Microsoft 365の
    データ保護にも最適

    Exchange/SharePoint/OneDriveに対応

Arcserve UDP のバックアップ環境を活用し、クラウドへの二次バックアップを短期間で実現


Arcserve UDP Cloud Hybrid は、Arcserve UDPのバックアップデータをクラウドに複製・保管します。
Arcserve UDP の継続的な増分バックアップと重複排除機能により、初回を除き、ごくわずかなデータのみが複製されるので、ネットワークへの負担も少なく、ストレージ効率も高い、コストパフォーマンスの良いサービスです。自前で災害対策サイトを構築する必要がなく、申し込みから数日ですぐに使い始めることができます。なお、データは転送時には SSL で、保管時には AES で暗号化されます。

また、既存のインターネット環境をそのまま利用できます。

 

クラウド上で本番システムの代替仮想マシンを起動し、災害時の業務継続を実現​


Arcserve UDP Cloud Hybrid は、代替の仮想マシンでお客様システムを起動する機能を備えており、お客様サイトでの災害発生時に基幹システムや重要なアプリケーションのダウンタイムを最小化できます。この代替仮想マシンにはポイント対サイト、またはサイト対サイトの VPN 経由で接続できます。
さらに、お客様サイト復旧の際には、代替仮想マシン上にある最新データをリストアできます。

 

Arcserve クラウドを学ぶ! ~Arcserve UDP Cloud Hybridについて学ぶ~

Arcserve UDP Cloud Hybrid 3つのポイント

3つのポイント詳細ページ

Arcserve UDP Cloud Hybrid 紹介ページ

製品紹介ページ

おすすめ記事・サービス

Arcserve UDP Cloud Hybrid については下記より

お問い合わせ

iKAZUCHI(雷)

ご登録済みの方はこちら

  • 韋駄天iKAZUCHI(雷)ページへ
  • 動画で解る!iKAZUCHI(雷)サービス
  • Webinar・セミナー案内
  • iKAZUCHI Payment Collection(代金回収代行)
  • Microsoft Teamsで実現する理想のテレワーク!
  • 新型コロナウイルス感染症対策特設サイト